職種紹介

「自分達で人を育てる、会社を作る」それが実感できる場所。

整備部

  • 整備士(2012年新卒入社)
  • 整備管理課スタッフ(キャリア入社)
  • 品質保証課 課長(キャリア入社)

Peach整備部とは

整備士(2012年新卒入社)

  • なぜPeachに就職したのかを教えてください。
  • Peach入社後にギャップを感じたことはありますか?

なぜPeachに就職したのかを教えてください。

就職活動時に、専門学校の先生から「新しい会社、かつLCCという新しい分野のエアラインだから自分達で会社を作り上げる事が出来る」と言われた事がきっかけでPeach入社を希望しました。どうしても航空機に関わる仕事に就きたく、大学卒業後に改めて専門学校に通ったほどでしたから、やるなら最初から道ができているのではなく、自分達の手で航空会社を作る方が純粋に面白いと思いました。

NEXT Peach入社後にギャップを感じたことはありますか?

Peach入社後にギャップを感じたことはありますか?

実際に「自分達で作る」という点について一切ギャップはないですね。物事の大小に関らず、また新卒入社やキャリア入社という点も関係なく、整備部全員で色々な知恵や経験を活かし、Peachを作っていることを実感しています。Peachには大ベテランの整備士の先輩がたくさんいます。その人たちの仕事を間近で見られるだけでなく、自分達のような新人の意見を本気で聞いて検討してくれることで、自分達に考えるチャンスを与えてくれる点は、良い意味で想定していなかったギャップでした。もっと職人気質で、「まずは言われた事だけやっていればいいんだ!」と言われるかと思っていました(笑)。

また、入社して半年は機体に触らせてもらえないと聞いていたのですが、Peachではどんどん実機経験(OJT)を積ませてもらえるのも驚きでした。もちろん先輩社員の指導の下ですが、それでも整備士になったからには1日でも早く機体に触りたいという気持ちが強かったので、すごく嬉しかったです。

あとはスタッフや他の部門との距離の近さも予想以上でした。Peachでは整備だけでなく、全部門が同じオフィスで働いています。整備士と整備スタッフの近さは恐らく他のエアラインに比べ、ものすごく近いと思います。何かあればすぐに駆けつけてくれますし、わからない事があればすぐに聞ける。後輩には整備士で入社して、スタッフになったメンバーもいますね。垣根がないというよりは、あまり区別していない、したくないという意識を持っているように感じます。自分達は新卒入社1期生だったので、本当にみなさんに可愛がっていただき有難かったです。これから後輩になる方に言えるとしたら、色々なものが全て完備されていて、先輩に言われたことだけをこなしていくという環境をイメージされる方は、激しいギャップを覚えると思いますので注意してください、ということですね(笑)

NEXT 整備管理課スタッフ(キャリア入社)

整備管理課スタッフ(キャリア入社)

  • Peach整備で働くことの、価値とはなんですか?

Peach整備で働くことの、価値とはなんですか?

私は、元々航空関係の仕事に就きたいと思い、新卒では軍用飛行機メーカー技術担当をやっていましたが、よりスピード感のあるところで働いてみたいという思いがあり、転職を考えました。Peach入社の決め手は「日本で初めての本格的LCC作りをゼロからチャレンジする」という点でした。新しいエアラインを作るというだけだったら転職しなかったでしょうね。他社と同じことをなぞるのではなく、新しいものを作るという点にとても魅力を感じました。この点はPeachで働く大きな価値だと思います。他社エアラインで働いていた方も多く在籍していますが、今までのやり方がベストという考え方を持っている人はいません。もちろん、他社で実施している手法が良い場合もあります。共通しているのは「機材品質の維持・向上のために、本当にこのやり方がベストプラクティスなのかを必ず考える」事を徹底している点です。まさにPeachのやり方をゼロから築いているというのを体感します。

私がPeachの魅力だと感じている点は、安全運航を第一とした上で、コストセーブを全社員が心がけている一方で、人材育成についての投資は惜しまない点です。私の様にエアラインでの経験がないメンバーも在籍していますが、それは「育成する」という土壌があってこそです。実際に技術担当者だけでなく、ほとんどのスタッフが航空機メーカー「エアバス」社や部品メーカーが主催するトレーニングや講義等に積極的に参加させてもらえます。これはLCCというイメージからすると想定外の魅力でした。とはいえ、待っていれば全て与えてもらえる職場ではないですね(笑)。わからない事は積極的に聞く、自身に不足があると思えば勉強する、このスタンスは求められます。知識・スキル・経験・人脈、自分から動けば色々なものが手に入る点は、とても大きな価値だと思います。

NEXT 品質保証課 課長(キャリア入社)

品質保証課 課長(キャリア入社)

  • Peachのメンバーに求められる、素質はなんですか?
  • Peach整備が目指していきたい姿を教えてください。
  • Peach整備部とは・・・

Peachのメンバーに求められる、素質はなんですか?

必要な能力やスキルはポジションによっても違います。そういったスキルは7、8割、合格点あれば良いと思います。個々が完璧である必要はないと思うんですね。それよりも必要なのは、横同士の連携を大事にできる人。自分のテリトリーではないところも気にしたり、フォローしたり。Peachの今があるのは、そういった機転を利かせられるメンバーが集まっているからだと思います。これは整備部だけでなく、Peach全体の特徴です。Peachはどの部門も少数精鋭でやっています。この状態で、自分のポジションの役割しかやらない、つまり縦割りの組織になったら、一人ひとりのマンパワーではカバーしきれなくなってしまいます。お互いがお互いの仕事を気にかけて、お互いが穴を埋めあって、チームで勝っていく。人の責任範囲に口を突っ込む事は、一般的に言う「きちんとした組織」だったらNG行為となりえます。しかし、逆にそういう事を強みと感じられる方にメンバーに加わってもらいたい。これからどんなに規模が大きくなっても、人数が増えても、これは失いたくないPeachのカルチャーだと考えています。

NEXT Peach整備が目指していきたい姿を教えてください。

Peach整備が目指していきたい姿を教えてください。

経験者で固めていくのではなく、新卒入社も、キャリア入社も、色々な視点を持てる方を自分達で育てていきたいです。人を育てる事は簡単ではありませんし、LCCとしては効率が悪いのかもしれません。しかし、今までの経験にどっぷり浸かってしまっていると、既に常識が固まってしまっている場合が多いので、なかなか自分の経験値以上の事を生み出すのが難しいと思います。逆に経験やスキルが多少足りなくても、自分の長所や強みを究極まで引きだせるメンバーが、自分達の経験や考え方を持ち寄って、全体として幅広い視点を持ち、そのためにお互いがお互いの足りないところをカバーしたり、育てたり、育てられたりする。そうして「全員が、自分達でPeachを作っている」という意識を持てるチームが理想のチームだと思います。私自身のテーマは自分が最前線の主役になるのではなく、ゴールをメンバーとしっかりと共有し、後は任せる。必要な時には援護射撃を行う。そういう存在に徹していくことですね。管理職として、こういったチームを作っていくのは、定型通りのチーム作りよりずっと難しいですが、Peachの勢いを維持していくためには必要だと考えています。

NEXT Peach整備部とは・・・

Peach整備部とは・・・

整備業務の品質保証体制を総括し、整備に関する方針・規則・運用等、実施体制の構築を担う品質保証課、航空機の信頼性を維持する技術管理、整備に必要な部品や機材の調達、それらを基に整備の実施計画を行う生産管理を担う整備管理課、整備部門の事業計画の取りまとめ、整備業務に関るITシステムの開発・維持、その他部内の総務全般を担う整備企画課、航空機の整備作業を担う整備課の4チームで構成されています。「お互いの声が聞こえる」「お互いの顔が見える」距離で働くために、全チームが同じフロア内で働いています。コスト面でも、役割面でも大きな存在である機体。その機体をLCCらしくコントロールするために、現場とスタッフという垣根なく、One teamで動ける体制を常に意識しています。

PAGE TOP