職種紹介

何でも言い合える自由でフラットな関係。

 運航乗務員(副操縦士)

  • "Peachの乗員"として働くことの、価値とはなんですか?
  • "Peachの乗員"に求められる、条件はなんですか?
  • なぜPeachに転職をしたのか、そして今後、どんなことをされたいのかを教えてください。
  • Peachのメンバーに求められる、素質はなんですか。

グレートパイロットとの、グレートな関係

私たちの仕事は、"お客様を運んでなんぼ"。Peachは毎便多くのお客様にご利用いただき、やりがいを感じています。また、自分自身、子どもの頃にパイロットの姿に憧れてこの道を選んだこともあって、お子様が多いPeachでは自分が憧れを提供する側に立っていることを実感できます。

またPeachには、これまで何千時間も機長として乗務したグレートパイロットと呼ばれる機長が多数在籍しています。貴重な経験を色々と教えてくれるので、たくさんのノウハウを学べる。しかもそんな方が気さくに話しかけてくれ、副操縦士の役割を尊重してくれたり、こちらの意見に耳を傾けてくれたり、コミュニケーションの取りやすい環境を意識して作ってくれているのを感じます。言いたいことを言いやすいフラットな関係性は本当に魅力的です。そんな「グレート」な師匠がたくさんいる中で、自分も成長し、その成長が会社の成長にもつながっていく。こんな経験ができるのも、Peachの魅力ではないでしょうか。

NEXT "Peachの運航乗務員"に求められる、条件はなんですか?

安全堅持の意識と、お客様への想い

今は非常に高い搭乗率を記録しているPeachですが、これがずっと続く保証はどこにもありません。一度信頼を失い、お客様の支持を失えば、Peachはあっという間に崩壊してしまうでしょう。だからこそ、安全に定時で飛ばすという意識は人一倍大切にしなければならないと思います。

また、その上でどうやってお客様を喜ばせるか、という視点があるのがPeachだと感じています。今思えば前職では、安全・定時だけに目が行っている自分がどこかでいたように思いますが、今はサービス面での意識をもっと持つように気をつけています。

例えば機窓から見える景色について案内してみたり、ソウル(仁川)便では韓国語でアナウンスしたり、お客様が乗り降りされる際は暑くても白手袋をはめて目立つようにコクピットから手を振ったり。小さな事でも、Peachがお客様にこれからも愛され続けるためなら、自分にできることは何でもやるようにしています。

NEXT なぜPeachに転職をしたのか、
そして今後、どんなことをされたいのかを教えてください。

定年まで機長で飛び続けたい

もっとたくさんのお客様を運びたい。経験を積んで早く機長に、そしていつかは"国際ジェット機の機長"という夢を持つ中、Peachに出会いました。運航乗務員としての自分の成長と、新興エアラインとしてのPeachの成長を一緒に経験できるのではないかというのが転職のきっかけ。Peachは機長になるためのフライトタイムが伸びやすい点も魅力で入社に至りました。

自分と会社が一緒に成長していきたいという思いは、実現していますね。Peachが生まれ、これまで以上に関西空港は賑やかになりました。それもPeachの成長が人々の心に届いたからだと思いますし、毎日の積み重ねの中で自分の成長も実感しています。

最終的には機長になり、安全運航を維持しながら定年まで飛び続ける事、それが私の目標です。その目標を追う上で、気を付けていきたいのは"自分が飛行機を飛ばしている"という感覚に陥らない事ですね。経験を積んでいくとその思いになりがちですが、チケット販売やグランドスタッフ、バックオフィスの人たちなど、色んな人の想いを乗せて飛ばしているということを、これからもずっと忘れないようにしたいですね。

NEXT Peachのメンバーに求められる、素質とはなんですか。

自分が楽しいと、相手もきっと楽しい

お客様を楽しませるためには何が必要かを考えて実践する姿勢が大切ですね。完成された会社は"やってはいけないこと"が決められていて、できることが少ないように思いますが、Peachは違います。これから作っていく会社ですし、安全に関すること以外は裁量が大きい。自分がやったことでお客様が楽しんでいる、ということにまた自分が楽しめる。そんな人がPeachでは活躍できると思います。

そうやって楽しんで仕事に取り組んでいるからこそ、お客様にも楽しさが伝わるのだと思いますしね。当然、裁量があるということは責任があるということの裏返しですし、自分の仕事は仕事としてきっちりやるのが大前提ですけどね。

PAGE TOP